«« (PR)アニチェッカーを公開しました | Amazon使いへのコンビニ着のすすめ »»

デスクピローで午後からの仕事も乗り切ろう!

2013年10月 6日

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
机で仮眠するなら腕を枕にするよりデスクピロー(机用枕)を使うのがお勧め、手がしびれないし、首の負担が少ないのがいいですね。


デスクワーカーにいきなり襲ってくるものーそれは眠気!
ここで「眠いのは気合いが足らんからじゃー!」という方は、私と相性が悪いです。
お手数ですが、ここはお引き取り下さい。

強烈な眠気というものは、正直抵抗するすべは有りません。

しかし、まだ気力が残っているならー痛いツボをついたり(親指と中指間の奥にあるツボこと合谷[ごうごく]が効くような気がする)、学生や窓口担当では厳しいですけど、とりあえず立ち上がって、コーヒーやガムに飴を口に含んだりして皆さん凌いでいるんじゃないでしょうか?

あ、「まぶたにタイガーバームを塗る」というのは止めた方が良いですよ、マジで。

ただ、ぶっちゃけこういう時は、(過眠症の人は別にして)一般論としては許されるなら10分程度でも一旦熟睡するのが一番効果的です。
まあそんなこんなでなんとか昼休みまでたどり着けたorそもそも今日も徹夜なんだよ!という戦士な皆さんにお勧めするのが、机用枕ことデスクピローです。

今回紹介するデスクピローが、ただの枕と大きく異なる点ーそれは真ん中が空いている点です。

ロフテー 国産 H&O シリーズ デスクピロー (仮眠用机枕)

仮眠スペースが提供されていない場所であれば、机にうつ伏せで寝ていると思います。
しかし、この方法の欠点は兎に角腕に血液が回りにくくなり、しびれてくれる点です。

しかし、この枕を使ってうつ伏せで寝ることによって自分がいいかなと思っているのは

  • 手を使わなくてもいいので手はしびれない。
  • それなりに大きいおかげか首の負担が少ない?
  • 中央に空いている穴によって口が塞がれない。

というのがなかなか良くお勧めです。

ただ、うつ伏せ寝のもう一つの欠点である「腹が出ているからうつ伏せ寝しようとすると、腹に圧迫感を覚える」は、さすがにどうしょうもありませんので、注意。


余談ですが、少し腰に優しい高級椅子が支給されている人なら、使ったことないけど、腹が圧迫されることのない、首枕とかもいいのかも。

この間高速バスに揺られてた際、自分はその辺の用意をしていなかったので、眠りに着く度に首が揺れて。
起きた頃には、なかなか首の付け根が痛い事になったし、そもそも眠りが浅くなりがちでした。

一方斜め前の人は、安定して寝ていたので、その時は凄く羨ましかったのを思い出した。

オフィスだと揺られる事は有りませんけど圧迫部位がない分疲れが取れるかも。
ーただ寝ると口が空く癖のある人はちょっとよだれの処理に困るかもしれないけど。


投稿者 kuze : 2013年10月 6日 22:41


■このエントリーに関連した記事

■「実用ソフト&サイト」カテゴリの最新記事

«« (PR)アニチェッカーを公開しました | Amazon使いへのコンビニ着のすすめ »»


自己紹介
PHPやVBによるコーディングやシステムエンジニアを仕事にしています。
主にiPhoneアプリの紹介やWeb開発などのPC系の話題と、アニメやゲームなどのサブカルな話題を取り扱っています。

[PR]

Twitter
>> その他のtwitter

instagram

カテゴリ

最近のエントリー

最近掲載した画像
  • クリスマスプレゼントは『once upon a time』で、グダグダおとぎ話世界をカードで彷徨う!
  • 祖母が亡くなったので葬儀を手伝う
  • 武田尾温泉へ行ってきた、近くの廃線観光の後ノスタルジーに浸るのにいいかも
  • 武田尾温泉へ行ってきた、近くの廃線観光の後ノスタルジーに浸るのにいいかも
  • こたつ導入するが、あいつらは相変わらず人に堕落する呪いをかける
  • こたつ導入するが、あいつらは相変わらず人に堕落する呪いをかける
  • WebMSXで、大昔に組んだMSX1-BASICゲームを復活させる
  • WebMSXで、大昔に組んだMSX1-BASICゲームを復活させる
  • バーチャルYouTuberのキズナアイちゃんがどうやって動いているのか気になる
  • ニトリで購入した『ひじまでフラットになる座椅子「テリーGY」』は、手すりがやっぱりイイ
  • ニトリで購入した『ひじまでフラットになる座椅子「テリーGY」』は、手すりがやっぱりイイ
  • ニトリで購入した『ひじまでフラットになる座椅子「テリーGY」』は、手すりがやっぱりイイ

RSS
更新情報はRSSをご利用下さい
サイトマップ