« Microsoft Office 2016は買いきり版か月額支払な365か。Previewはやっぱり終了か。 | メイン | Paste TitleがtextileやMarkdownにも対応!さらにホームページの紹介がしやすくなりました »

2015年12月31日

ガールズ&パンツァー劇場版は、タッグ戦とヒャッハーな戦車戦が魅力!(少しネタバレ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今回のガールズ&パンツァー劇場版は、やっぱり凄く良かったです!狂った世界観を乗り越えたら、新たな敵への総力戦に続いていく流れ、そしてひたすら続く戦車アクションと爆音が良かったです。

先日ガールズ&パンツァー劇場版を2回見てきました。


あれ?この間もガールズ&パンツァー劇場版やってなかったっけ?といっている方へ。
あのアンツィオ高校戦は期間限定劇場先行上映OVDなのでまた別です。
といいますかTV版の途中に入る番外編的な話でしたし。

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-07-25)
売り上げランキング: 112

今回の劇場版は、やっぱり凄く良かったです!

ただ自分はTV版と先のOVD版(アンツィオ戦)しか追っていないので、一部「こんな奴いたっけ?」というところはありまして、パンフレットを買ってみてキャラを確認するとかしてましたけど、見たことがない人からしてみたら最初3分間に簡単な世界観の解説は入れていますが、何のことやら厳しいかも。

しかし、「華道・茶道・戦車道」とか、「こんな実弾をバンバン打っている中キャラ立ちさせるために車から何の防具もなく顔を乗り出し指示を出し続けていたら絶対死人が出るよ!(やっぱり今回も死人は出ません、汚れまみれになってイテテとなる程度)とかツッコミしたくてたまらない、そこまで男子の好きなメカ・爆発・美少女を融合させたいか!という狂った世界観を乗り越えたら、やっぱり気持ちいいんですよ。

それにしてもぐっときたのは以下の2点です。

1.上のように知らんキャラも多数含めて今までの全チームが味方になる。

2.途中のドラマシーンを除いてひたすら続く戦車アクションと爆音。

これですよ。

主人公のピンチにテレビ版に出てきた過去のライバル達(短編劇場版のみの登場キャラも含む)が一堂に会して味方になり、共に立ち向かう展開からのひたすら続く「2」がたまりませんでした。

投稿者 kuze : 2015年12月31日 00:41


■このエントリーに関連した記事

■「アニメ・コミック・ライトノベル」カテゴリの最新記事


« Microsoft Office 2016は買いきり版か月額支払な365か。Previewはやっぱり終了か。 | メイン | Paste TitleがtextileやMarkdownにも対応!さらにホームページの紹介がしやすくなりました »




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuze.tsukaeru.jp/tsunezune/movabletype/mt-tb.cgi/295

このリストは、次のエントリーを参照しています: ガールズ&パンツァー劇場版は、タッグ戦とヒャッハーな戦車戦が魅力!(少しネタバレ):

» ガールズアンドパンツァー4DX版見てきました、やはり相性はいいですね! from つねづね思ふこと 〜 ゲームやアニメの紹介を中心 に、あと気がついたときにプログラムネタも書いてます
ガルパン4DXはいいぞ!各種椅子が同期して動く演出や特殊効果にニヤニヤしてしまった。他のアクション映画でも4DXで見たいです。普及に期待!! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2016年3月21日 18:34

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Edit  
くじぇ工作所サイトマップ

このサイトについて
© Copyright Hiroshi Kuze 1996-2017 ( hiroshikuze@gmail.com ).

Analyzed by efStat Analyzed by Log_on! WEBCLICKERS.NET 人気blogランキング