« Microsoft Officeが、レイヤーを取り入れる日は来るか? | メイン | Garmin vivosmart Jを3ヶ月ぐらい使ってみた感想 »

2016年2月20日

ガラポンTV参号機のハードディスクを自分で交換する


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ガラポン参号機のHDDを東芝製1TBHDDへと交換してみた。真似はお勧めしません。

以下の記事は「ガラポンTV端末利用規約」との関係性はよくわかりません。
真似は辞めましょう。

ガラポンTVとは、24時間8チャンネルまとめてワンセグ画質で録画し、PCブラウザ・スマホアプリなどから遠隔(3G/LTEからのアクセスも可能)で過去のTV番組をHDDの許す限り見倒すことができるテレビレコーダーです。

さて、年始実家に帰っていた際、空き時間に遠隔でガラポンTVに蓄えられたテレビをアプリから見ようとするが、上手く繋がらない。
そこでアパートに戻り、休み明けPCからLAN接続し何度かガラポンTVへ「システムの初期化」とか「システムの再起動」「システムのシャットダウン」を何度もやってみましたが、どうやってもガラポンTVによる自己診断ではハードディスクが壊れているという評価でした。
なお通常に使っていたつもりなので、普通にずっと録画しまくっていたことによる自然劣化としてのHDD故障だと予想します。

そこで早速メーカーへメールで問い合わせ
修理できるものなら、もちろん費用は出す気まんまんでした。
しかしメーカーからメールで帰って来た返事によりますと、どうも購入して一年経過したらサポート対象外と言うことで。
ガラポン四号機へ買い換えるか外付けハードディスクを別途購入してください。とのこと。

正直買い替えはきつい。
HDD付きモデルは、今日現在Amazon価格曰く39,420円。
HDD以外は壊れていなさそう、且つ参号機→四号機の違いは「全八局ライブ視聴」があるかどうかのみだけらしいので、財布の紐がどうも硬くなってしまった。

あとガラポン参号機は、外付けHDDによる拡張も対応しているのですが、その場合でも内蔵HDD障害に関するエラーは出続けるんでしょう?
壊れた表示状態のまま使い続けるのは気持ち悪い。

そこで、どうせサポート対象外なら自分で換装してみました!

調べてみると同じように人柱となってチャレンジした人は既にいて、曰くは1TなHDDへ交換した人もいるみたいだし、何とかなるだろう。

かくしてパーツショップでHDDを買ってみた。
今回購入したのはTOSHIBA製2.5インチ厚さ9mmの1TBHDD(税込)7,300円。
※うっかり3.5インチのHDDを買わないように注意!取り付けできないので無駄になります。

東芝2.5インチSATA9.5mm厚1TB MQ01ABD100

あと、作業するにあたり、幾つかサイズ違いのプラスドライバーを用意。

※以下、詳しくはガラポンTV参号機が再起動を繰り返す&分解してみた〜第2.5地区を参考にするのが写真付きなのでオススメ。

http://taramonera.net/2.5/?p=938
ガラポンTV参号機が再起動を繰り返す&分解してみた〜第2.5地区

1.本体底四隅から土台を取り外し(爪で剥がせます)ひっくり返しネジを取り、蓋を取り除く。
この先の作業でもネジを外す作業が出てきますが、それぞれサイズが違うので、分けておいておきます。
なお、この蓋はどうやって剥がすんだ?なんか引っ掛けるところがあるのかな?とか悩みましたが、もう一度上下にひっくり返したらあっさり取れました。

2.排熱用らしき蓋がまた出てくる。
分解記事を参照に、またネジを外して、側面カバーを取り外すと、この排熱蓋も取り出せた。

3.HDD(HGST2.5インチ厚さ7mmの500GHDD)が見えるので、ネジを外して、交換用のハードディスクを接続し、ネジで固定する。
厚さ7mmだと気がついた時には、今回用意したHDDは9mmなのでやっちまったか?と焦りましたが、結論を言えば問題なしでした。

4.元の状態に戻して配線もやり直して電源を入れる。

5.緑ランプが点滅するので、ちょっと席を離れる。
60分後ぐらいに確認すると(本当は60分も待つ必要はないかもしれない。)、今度は赤ランプが点灯する。

6.PCブラウザからガラポンWEB経由で自分のガラポン参号機へログイン、初回購入時にもやりましたが、チャンネル設定をもう一度やり直す。

7.録画開始!

こうしてみたところ、取りあえずまた再び使えるようになったっぽい。

ガラポンTVハードディスク使用状況で内蔵HDDの空き容量が1Gになった


これで再び取り逃しも怖く無い?
しばらく様子を見よう。

今日HDDの交換を思いついたので、Amazonとのやり取りが待てずに街のパーツショップで買ってきたのですが、少し安かったのか・・・。

<<PR>>

深夜アニメの放送時間や評判などを手早くチェックできるWebアプリ『アニチェッカー』は、ガラポンTVにも対応しています!
ガラポンTV利用者の方も、そうでない方も是非お試しください。

アニチェッカートップ画面

投稿者 kuze : 2016年2月20日 23:26


■このエントリーに関連した記事

■「実用ソフト&サイト」カテゴリの最新記事


« Microsoft Officeが、レイヤーを取り入れる日は来るか? | メイン | Garmin vivosmart Jを3ヶ月ぐらい使ってみた感想 »




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuze.tsukaeru.jp/tsunezune/movabletype/mt-tb.cgi/304

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Edit  
くじぇ工作所サイトマップ

このサイトについて
© Copyright Hiroshi Kuze 1996-2017 ( hiroshikuze@gmail.com ).

Analyzed by efStat Analyzed by Log_on! WEBCLICKERS.NET 人気blogランキング