« anichecker_call_hatenabookmarkにサムネイル出力項目を追加しました | メイン | 【ドール写真まとめ】同人ドールの即売会「第34回Doll's Myth.」に行って写真を取ってきた »

2017年1月 1日

明けましておめでとうございます&新 絵心教室で地鶏を描いてみた


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
最近、新 絵心教室でいろいろ絵を描いているのですが、「絵の描くコツを教えてくれる」点とグリッド表示機能がお勧めのポイントです。

2017年、明けましておめでとうございます。

20170102jidori.jpg

最近はいろいろと心理的に鬱々ありまして?ブログのネタは途中まで何度か書いていたのですが、更新する気力がなかったので放置していました。
そんなわけで、更新はありませんでしたが、生きています。
しかし、なんかその癖、妙に絵を描きたい気分になってしまい、↑のような絵を隠し?pixivアカウントに上げるということを繰り返しています。

なぜ自分がそんなことをやり始めたかといいますと...3DSの少し古いソフトですが、前々から気になっていた「新 絵心教室」というゲームソフト?をやり始めたからです。

新 絵心教室 [オンラインコード]
任天堂 (2012-09-13)
売り上げランキング: 2,841

このソフトは、鉛筆・色鉛筆・パステル・絵具といったいろいろな画材を用いて(それっぽくタッチを再現してくれる中)絵を描くのですが、Windowsでいうところの「コーレル Painter 2017」 とか「PhotoShop(Adobe Creative Cloud フォトプラン 2017年版 |12か月版|オンラインコード版)」と違うのは...数千円の一括払いで買える...だけではなく「絵の描くコツを教えてくれる」点。

小中学校の時に授業でいきなり絵を描きましょうって特に指導もあまりされずに言われやってましたが、そりゃ私を含め大抵の人はろくな絵は描けませんって。
その上でなんとなく本屋で絵の描き方の本を読みますと、明らかに『絵がうまい人がさらにうまくなる』ことを目指して書いてあって、できるか!とまだ買ってもないのにたたきつけたくなります。

このソフトでは、まず題材を提示された後、背景から書きましょうとか、明暗を意識しましょうとか、重要なところは重ねて描きましょう、などと題材について各ステップが数分で完了するものを順に次々に説明されます。
言われた通りに描いてみますと・・・なんか絵を描いているというよりはプラモデルを組み立てているような気分になってくるのですが、でも確かに学生時代のトホホな絵よりはるかにレベルアップしているような気がして、それがなかなかうれしかったりします。

加えてこれはイケる!と感じるのは...冒頭の「草むらを歩く地鶏」はレッスンモードではなく、自分で好きな題材を書くフリーペイントモードで http://www.livestock.rd.pref.gifu.lg.jp/poultry/eggtype.jpg の写真をベースに描いていたんですが、3DSだけに上画面に写真・下画面に自分の絵を出して描いていくことができる上に、上画面の見本上に小さなマス目(グリッド)を表示できる点が素晴らしい。
20170101_3DS.jpg

これですよコレ。
今までクロッキーを描き始めたものの、上下でバランスが違っていて、何度「えぇえ!」となったことか。
この機能を使えば「下書きの際にマス目の位置を数え間違えない限り」デザイン崩れはだいたい発生しません!
これ学生時代に欲しかった!というか小中学校の図工&美術は3DSを使うかどうかはともかく、グリッドを使った描画を採用すべきですよ。
(ただこの絵の描き方は、任天堂デザインチームも邪道と考えていたのか、その後のレッスンでグリッドを使わずペンを使った簡単な測量法について説明していますが、今のところ私は圧倒的に面倒くさいのでそれだけはガン無視です。)

ぜいたくを言えば、これが3DSの限界なのか?


・まあ安物ペンですので強弱や筆の角度が認識できなかったり(ペンの動きでなんちゃって認識するのみ)

・フリーペイント用の画像の用意が面倒だったり(決められたサイズの画像でないとエラーが発生して読み込んでくれない)

・デジタル彩色の癖にレイヤーもアンドゥもない上に、画材を変更すると前の画材で描いた内容がなぜか固定化されて修正不可になる

・JPEG出力できるが、解像度は640×480という「おまえは20年ぐらい前のパソコンか!」と突っ込みたくなる

...のですが、その気になれば3DSの電池が残っていればですけどどこでも手軽に絵が描ける感覚にちょっとハマっています。

といっても、自分は学生時代絵の成績がイマイチだったので、絵心教室の力を借りて多少絵がそれっぽく上手くなっても、やっぱりそのアップロードしたpixivの閲覧数を見ますと、あーまーこんなもんか...と現実を再確認していますが。
冷静に考えれば自分が多少絵がうまくなったところで、実用性はないような気がするのですが-仕様書の説得力が多少上がるのかな?

ということで、今年もこんな調子だと思います。
よろしくお願い致します。

新 絵心教室
新 絵心教室
posted with amazlet at 17.01.02
任天堂 (2012-09-13)
売り上げランキング: 1,149

投稿者 kuze : 2017年1月 1日 11:34


■このエントリーに関連した記事

■「ゲーム」カテゴリの最新記事


« anichecker_call_hatenabookmarkにサムネイル出力項目を追加しました | メイン | 【ドール写真まとめ】同人ドールの即売会「第34回Doll's Myth.」に行って写真を取ってきた »




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuze.tsukaeru.jp/tsunezune/movabletype/mt-tb.cgi/311

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Edit  
くじぇ工作所サイトマップ

このサイトについて
© Copyright Hiroshi Kuze 1996-2017 ( hiroshikuze@gmail.com ).

Analyzed by efStat Analyzed by Log_on! WEBCLICKERS.NET 人気blogランキング