つねづね思ふこと http://kuze.tsukaeru.jp/tsunezune/
Google  
web kuze.tsukaeru.jp
for mobile
( http://kuze.tsukaeru.jp/i/ )
くじぇ工作所の他サイトへ たまり場へ 過去ログへ お勧めGoods		へ トップページへ戻ります






1999年12月26日

新幹線って便利!

 からの帰り、いつもはを使って帰るのですが、今回はまわりのメンバーも自分も忙しいということで新幹線にて帰ることにした。しかし高いよな・・・片道約1万1千円というのはそれだけでもう18切符買えちまうよとかなんとかうじうじ考えてしまう。が、たった1時間半で名古屋へ到着するというのは凄い楽!普通車両の座席を取るために一日かけて駅にずっと座り込み、その後また一晩かけて凄く座りごこちの悪い直角座席(この車両は最近になってようやく廃止されたらしいですが)にてえんえんと揺られまくることを比べたら本当に雲泥の差です。これで往復でが1台買えてお釣りも来るという価格というのがなけりゃな・・・やっぱり東京←→名古屋間を高速で移動するというのは大変なことなんですな(ライバルがいないからこの価格というのも大きいですしょうけど)。

1999年12月1日

久々に歯科医に行く

 周りから口臭についてちょっと指摘されていたのが気になって、歯科医に行くことにした。小学生の時以来か・・・病院はどのジャンルもあんまし好きでないのだが(病院が好きというのもみたいで問題ありだが)正直やだな〜という感じがぬぐえない。なにが嫌って口の中を自由にできないという不自然な体勢のまま自分の体を他人にいじられまくられ、それをひたすら耐えなければならないというのがまず嫌。まぁ胃カメラよりはましだけどさ。それに唾液を吸い取る機械、あの妙な音&妙な冷たさがさらに気持ち悪い。今回歯垢をとって終わりのつもりで来たんですが、虫歯があると聞いたときにはびっくり、別にそう痛い所なかったのに。「また明日来てくださいね」。えー?!行かないといけないの?!

1999年11月25日

恐怖の大王ちょっち遅れて遂に降臨!

 今日2つの注目すべきギャルゲーが発売された・・・。かたや「」かたや「」。さてここで気になるのがデス様の続編である"2"が果たしてときメモに対してどれだけ売れているのだろうか?!早速僕もデス様側に1票を投じる意味も兼ねて近くの総合電化ショップへ行ってみた訳ですが結論を言いますと「ときメモ2は結構売れ残ってきていましたがデス様2は完売していました」初期入荷量の問題もあるでしょうが恐るべしデス様2ということで僕は買えませんでした。次回待て。

1999年11月23日

おーい!シーマーン!!

 ♪どこかで呼んでる声がする♪ということでこの度ドリームキャストを購入したのですが、まず暗黒ゲーム(DCは暗黒ゲーム機にしようかと企んでいる)第一弾は前々から気になっていたに決定!マイクデバイスがついてくるので後に発売される・・・というのもあるのですが、コンピュータと対話できるゲームというのがものすごく気になってもう辛抱たまらんかったからというのもでかい。
 で感想なんですが、人工生命とか人工感情といったものを期待すると思いっきりこけます。肝心の肝であるシーマンの会話は「あらかじめプレイヤーの入力した単語に応対するメッセージを用意しておき、成長とともにその語彙数が増えていく」という単純なアルゴリズムがミエミエだからです。でも「面白いから許す!」その"応対するメッセージ"が予想通りめっちゃ毒が効いてて笑えるんですよ。各種CMを見てそのセンスにピンと来た方なら安心して買ってOKです。実際のゲーム展開は「謎解きゲーム」の線が結構強いのでペットゲームのつもりで購入ならならやめといた方がいいかも。

1999年11月18日

ボンベイtoナゴヤ、NHKで取り上げられる!

 夕方6時のNHK地方ニュースを飯をぼーっと食いながら聞いていると「ボンベイtoナゴヤ」の声が!何??解説しよう!『ボンベイtoナゴヤ』とはボンベイと名古屋(一部香港(?))を又にかけたマサラ映画である。マサラ映画というと大味なストーリーに要所要所で感情の表現を踊りで表現するものだが、それをこともあろうに名古屋の街中で無許可&ゲリラ的に撮っちまった為にその光景の眺めるオバちゃんもアゼン、観ている僕らもお口あんぐりだ!しかも例によってアレな日本描写をしてしまった為にもう東海地方な僕は思いっきりハマってしまってしまっているのだった。で、肝心のNHKの紹介を(あやふやですみませんが)聞いてみる「名古屋を気に入ったインド俳優アニル・バクシーさんはインド料理店を営みながらこの映画をボンベイと名古屋を行ったり来たりして作りました。次回作は日本の各地を舞台に作ってみたいですねと語っています」をぃっ。もしかしてこいつ「インド映画界の寅さん」を目指してんのか?なんか一発ギャグで終わっといた方がいい気がしないでもないがあえて言わせてもらいます「いいぞもっとやれ!」
 しかしNHKよ、いやさすがNHKというところか?やっぱりあんたら目の付け所が凄いよ・・・。

1999年11月17日

ラブ&ポップ(少しバレあり)

 エヴァンゲリオンでおなじみの庵野監督がベストセラー小説の実写映画に挑戦!ということで当時話題になった映画を『ガメラ2000』の反省もなくレンタルビデオ屋さんで借りてしまいました。コピープロテクトの濃淡にいらいらしながらも見たのですが、はっきり言うと「ここ近年のガイナックス作品(特に最終回あたり)」が嫌いな人はやめときましょう(^^;。しかしこれってどうやって撮影したんだろ、特に主人公の女の子の又から見た描写の所(これが何箇所もあります。ラストのラブホテルでも風呂場で相手の男を又からにらみつけているカメラ割りがあります)。まさか本当に女の子の又にデジタルビデオカメラを取り付けてってことはないだろうし(だとしたらいろんな意味で凄い)。謎だ。

1999年11月11日〜17日

カウンター

 いままでずっと疑問に思っていたわけなのだが「このwebページってどのコーナーが一番人気なんだろ?」このページ、オープン以来約 3348 人以上(96年の10月頃から密かにやってたんですけど去年までは殆どカウント取ってなかったんで『以上』)の工作員の皆さんが見に来ているわけですけど(ありがとうございます)今までトップページにのみSSI仕込んで数えていただけなんで当然そんなもんわかりませんでした(だってめんどくさかったんだもーん)。てなわけで、今回意を決してこれを2枚目の各ページまで広げてまとめて管理するような簡単なCGIを組んで調べてみました。で、早速結果を見ますと・・・

  ・・・48人(47.06%)
  ・・・29人(28.43%)
  ・・・8人( 7.84%)
  ・・・2人( 1.96%)
  ・・・2人( 1.96%)
  ・・・1人( 0.98%)
#なおこれらの数は僕自身がテストで実行した読み込んだ数も当然含んでの数です。
 まぁ掲示板は1)システムの手抜き上1度書き込むともう一度カウントされてしまう。2)皆様の書き込みのおかげで結構更新されている・・・の為にダントツのトップになっているのはともかく。まぁ他のコーナーほとんど更新してないし(;_;まぁ順当な気がしますが、誰も利用してないんだ・・・比較的ちょくちょく更新してたのに(;_;ま、がんばろ。
#なおこのページの表紙ので更新したかどうか調べるのに利用すると便利かも?。

1999年10月23日〜10月31日

お待たせインド旅行記!

 海外へ一度行ってみたいと思っていた。よく言うじゃない「海外へ行くと世界観が変わった」って、あれを体験してみたいと前々から思っていた。さて今回仕事をやめたことで丁度空き時間ができまくったから(^^;これは行かねば!ということでまぁ心細いのでパック旅行という選択肢を選ぶ自分がちょっち情けないなぁと思いつつインドへふらっと一週間ほど行ってみたのであった。「初めての海外旅行でなぜインド?!」とよく突っ込まれたのだが、それはインド映画の影響(「踊るマハラジャ」と(現地ガイドさんに同様のことを聞かれて思わずこっちは侮辱しているような気がして名前は伏せてしまった)「ボンベイtoナゴヤ」)です。確かに値段的にはアメリカやヨーロッパの方がアレなんですけど、あのパワーに触れてみるのもいいかなぁみたいな←と言う気持ちで。
 初日、関空からエアインディアにて10時間半かけて香港経由でインド首都ことデリーへ向かう。荷物を受け取り換金して出口へ向かうと夜の9時(現地時間)だというのに人ヒトひと。ハイジャックでも起こったんかいと思ったら全てこれホテルの客寄せの皆さんらしい。なんとかここで現地のガイドと他のツアー同行メンバーと会えたもののしかしいきなりこんなにぐちゃぐちゃの人塗れになるとはさすがインド。

カジュラホにあるエロ塔。当時の王様はヒンズー教の寺院にこういうもんを置くことによって『産めよ増やせよ』政策を実施していたんだそうだ。

 その後主な道順としてはベナレス(ガンジス川の沐浴で有名なポイントね)→カジュラホ(世界遺産のエロ塔がある)→アグラ(インドといえばこれタージ・マハル)と北インドのポイントをあれこれ一気に見て行ったわけですが、一番のインパクトはカジュラホ(^^;いやマジで凄いって。十数メートルぐらいの塔が何本も立っているお寺なのですがそれがもう一面びっしりH描写しまくりで数百年前にこんなものを作ってしまうとはインド人恐るべしってなもんです(ただ僕的に女の子描写は日本の美少女ゲーの方がかなり上と見ましたが>この辺が人類の進歩か?!)

これが女性のあこがれ(?)白馬に乗った王子様です!周辺はちょっとした騒ぎでした。

 しっかし、インドということで首都でも象やラクダがそこらを平然に生活の道具として歩いているのはともかく猿や犬(お仕事で野良犬の皆さんを煙突機能搭載小動物管理センターへお連れしていた僕としましては信じられない!)そしてこれでもかというくらい牛(野良牛含む)がいたのはヒンズー教のなせる技?でも日本も戦後すぐはこんな風景が田舎のほうではあったりしていそう。でも駅のステーションまで入ってくるなよ>牛(その牛が商売道具を食い荒らしていたのにムカついて蹴り飛ばす店主がいたことから、この程度の反撃はOKらしい)極めつけは白馬に乗った王子様を目撃しました!(マジで)金持ちの方の結婚式がたまたま泊まったホテルで行われていたんですが、スーパーマリオみたいに花火を打ち上げたりなんかしたりして「アニメだけやなかったんや!まだ白馬の王子様は現存するんや!!」と変に感動。ガンジス川も神聖な感じがして美しかったですが、こういったほうばかり目が行きまくった僕は邪道でしょうか(^^;?
あとびっくりしたのが「笛の蛇使い」が本当にいた事!さすがに「レッドスネークカモーン」とは言いませんでしたが。

あとびっくりしたのが「笛の蛇使い」が本当にいた事!さすがに「レッドスネークカモーン」とは言いませんでしたが。

 と面白い点を上げてきましたが、このパック旅行でつらかったのはやっぱ食事です!バイキングな食事スタイルに最初は「これはいける」「これはちょっとあわんなぁ」と暢気にひとつひとつ味わっていたもののこれが『全てのホテル』が『どこもかしこも似たようなメニュー』で朝・昼・晩3食食べていますと(ちなみに機内食も似たようなしろもの)おまえらもうちょっと差別化せんかい!と中盤から「またか」とひたすらうんざりしてしまった。それだけに最終日に立ち寄ったCHOR BIZARREというレストランの食事はむっちゃおいしかった(T_T!次に移動。日程表を見たときから覚悟していたとはいえ一日10時間もガタゴト道の中えんえんと揺られてると、昼間はまだ見慣れぬ異国の地の景色で楽しめますが夜は当然日本のような電灯は全くなしですのでからもう寝る以外にやることがない(飛行機はまだ明かりが灯っているので日本から持ってきたガイドブックを読んだり映画を見たりできますけど)。そんな中車酔いなどしてしまうともう・・・です。まぁ現地の人もさすがにキレていたのか主要都市への重要な道に関しては至る所で道路工事をしていたけどね。最後は衛生面。なんだかんだ言っても日本ってすごい清潔な国だったんだなと痛感。都市部では国会周辺とホテルを除いて道沿いにゴミが捨てまくりで野ざらしなのは当然、もちろん前述のようにいろんな動物さんの姿を街でも見かけるのでフンも落ちまくりなのはもちろん人間ですら駅で線路へ向かって平然と小便をしているのを見かけた日にはへ?!となりました(だから駅の線路は良くわからない液体に満ちててその上をネズミが走っていたりする)。そんなイヤーンな香り+インドの車といえば殆どディーゼル車で渋滞しまくった排ガスの空気でそこはうんざりしてしまったっす。まぁ水には特に気をつけまくったので食あたりに関しましてはセーフでしたけど。
 と、いうことで正直に言いますとインドという土地を観光することは人にストレートに薦めることはできないです。けどやっぱり面白いことは確か。10年ぐらい経ったら両手離しで評価できるかも?!まぁ世界観が変わるかどうかはともかく「見るとやるとでは大違い」ということはひしひし感じた旅でした。

1999年10月19日

ダイ・ガード

 この作品とは何ぞやというと、前にもちょろっと書きましたが「(踊る大捜査線+EVA)×スーパーロボット風味」といったところでしょうか。主人公が定番の熱血バカしているのはヨシ!主人公ロボがカッコ悪いのも単純なヒーロー象を壊していてまたヨシ。ロケットパンチに代表されるスーパーロボットおなじみの必殺技&兵器をきちんと(じゃないぞと突っ込みを入れたくなるのもありますが(^^;)出してくれるのも更にヨシ。周りのお偉いさんらをうまく丸め込みながら頑張れ僕らのダイ・ガード!しかし天才科学者な女の子(?)の出番が少ないのがさみしい(自爆)

1999年10月15日

さよならコレユイまたきてコレユイ

 コレクター・ユイこれにて第1期終了となったわけですが。僕にとってコレクター・ユイとは「パロディに始まりダブルコレクターの変身シーン&パワーアップ衣装で彩り結ちゃんのナイスなボケボケを見て満足するアニメ」でした。・・・したがって、ラスボス・グロッサーの正体には「そうきたか!」と思ったもののシリアスシーンはちょっと消化不良というかこなれてないなぁの感じがぬぐえなかったり、アクションシーンでは「必殺技を繰り出すときは一瞬でもいいから口閉じてくれよ」とか感じる不満な作画もありましたが(この辺がいまいちマイナーな理由か?)まぁこれまで十分楽しませてくれましたから許します!(←『4コマ劇場』含む)スタッフの皆さんご苦労様&春からの第2シリーズよりパワーアップさせるべく頑張ってください。
 でも「いくら子供の心を豊かにするキャラクターの作成にも力を入れています(NHK30周年記念番組よりだったかな?)」とはいえ『』といい最近のNHKは味を占めたのか思いっきり狙った番組ばっかり作っているよなぁ(『ストレッチマン』が独立した番組にまで成長したのにはびっくりした。)。いいのか?そもそも心のどういった点を豊かにしようとしているんだNHK。まぁ僕はこの路線に大賛成ですが。突っ走れNHK!

1999年10月13日

ビッグ・オー

 秋、といえばいろいろあるが、その中に番組改変の秋もある。もこの間からいろんな新作アニメをいろいろ流し始め、やっと衛星放送が自宅で楽しめるようになった僕は「生WOWOWえーわー」と楽しませてもらっているわけですが(でも『』はオープニングテーマからして親と一緒に見たくない(^^;)→おかげさまで我が家のお茶の間に気まずい空気が生まれてしまいました(実話))今日のビッグ・オーもいかすっ!記憶を無くした街、イギリスっぽいクラシックな街並み、でもSF、アメコミ(バットマン)っぽい絵柄、交渉人(ネゴシエーター)という仕事、怪しい車、鉄人28号を連想させる犯行動機、重さを感じるメカバトル、あなたたちの服の趣味もサイテー(^^;。かーっ萌えるもとい燃える!踊る大捜査線+EVAの『ダイガード』といいこの2つが今期僕の中ではトップ争いしております。赤勝て白勝て!

1999年10月11日

将太の寿司アニメ版

 テレビをふと点けたら噂で聞いた今回限りのスペシャル企画『将太の寿司アニメ版』がやっていた。農林水産省がスポンサーな本番組、もう殆どラストだったのだが"料理アニメは味の評価の部分だけをみればOK"なんである意味ちょうどいいタイミング。わくわくしながらお客さんが寿司を口の中に入れるところを見守ったわけですが・・・不許可。やっぱり料理アニメは「うーっ!うーっ!うーっつ!!!」とか唸っているといきなり背後から大波が現れたかと思ったらそのままサーフィンをしてそのまま画面外へ飛び出すと画面はいきなり宇宙に浮かぶ地球に切り替わってうまいぞーっつ!!!の文字と共に地球を真っ二つに割ってその中から出てくるくらいの演出を期待していたのに、アニメ版美味しんぼよりあっさりした内容でがっかり。その後の(本当のメイン)日本米を見直そうな教育アニメと共に「まぁこんなもんか」というがっかり度はさらに加速したのでありました。おしまい。

1999年10月5日

きたぜZ−LAN!

 待つ事3ヶ月。今日室内工事の方がやってきて遂に取り付けてもらいました!値段はちょっと張るけどやっぱ「混みまくった回線の中いつになったら『読み込み終わんねん!』というつっこみをぐっと抑えて夜更かししていた生活もこれでおさらば」というのはおいしすぎる〜っ。しかもぐっと高速。これでネットやりまくれるぜ!ということで今日もついつい夜更かしするのでありました。
#でもIEのラジオ機能がつかえない・・・ケーブルテレビいわく特に制限は設けてませんがとの答えが。こっちも依然使っていたから全く設定変えていないんですけど(^^;困ったもんだ。

1999年10月3日

マトリックス(バレ)

 話題の映画観てきましたよ!ストーリーは「コレクター・ユイ」を全編シリアスにした内容(本気にしないように)で要は良くあるサイバーパンクなお話なのですが、でもアクションシーンは必見です!!スローモーションにしただけでこんなに笑える映像になっちまうとは!!(もちろんワイアーアクションやCGの香辛料がしっかり効いているからなのだが)イカス。カッコいい。おすすめ。

1999年9月30日(いきなり(^^;)

ロボットじゃないよアンドロイド・アナMAICO2010

 のエリアにやっと我が家も入り(netやりたい放題環境がgetできるのはもう少し先になるらしい)無料試用期間もあいまってさっそくいろいろ見ているわけですが、なんかばしっ早速と毎週チェックし始めたのはは基本(^^;としてにて再放送されているだったりする。三谷幸喜氏の『王様のレストラン』とか『』の作品を見直して「シチュエーションコメディっていいかも」と思い始めていた頃にこの作品に初めてであったものの悲しいかな衛星のアンテナを持っていなかった僕はなかなか見ることができずに本放送の頃は終わってしまった。が、しかしこうして再び見られることができるとは。おかげさまで今回もジャストミートさせてもらってます。丹下嬢の声ではにゃ〜んとするのは当然として1話簡潔な中にもいろんな各キャラクターの思いが一つの束にくくられて進んでいるのが輝いてて(^^;いいです。

1999年9月16日

こみっくパーティ初プレイ!

 最近になって(こればっか)の『こみっくパーティ』を入手したので早速プレイしたのであるが、とりあえず爆笑。に一度でも行ったことがある人ならこの理由が分かるはず。さすがリーフやっぱリーフ。自ら早くから企業ブースに出展しているだけのことはあるよく観察してるは。発言&設定一つ一つとっても魂というかコミケへの愛が入っているのがよく分かります。とりあえずゲーム開始から1月分だけ進めたまでの感想(^^;。

1999年9月12日

劇場版カードキャプターさくら

 三重県では何を血迷ったかどこ行っても上映されてなかった『劇場版カードキャプターさくら』今日ここ名古屋市でも上映最終日とあって名古屋駅前某映画館へ見にいったわけですが・・・しまった。最終日というものをなめ過ぎていた。開場10分前に来たところ待ち合わせたさんいわく「もう入場できない。」立ち見でも完全に中が埋まっていて入場制限されているありさまなのだそうだ。1時間ぐらい前から並んで待っているぐらいのことをせんとあかんよ・・・くっそう。しかしあきらめるのはまだ早い、そう今日のさくらの為に急にガス欠で止まったスクーターを必死にガソリンスタンドへ持っていき運賃約1000円上乗せして近鉄特急に乗って飛ばしてやってきた僕は大きなお兄さんとしてとして(意味不明)このままおめおめと帰るわけにはいかん!てなわけでさくらはすでに一度見たはずのかか氏までも巻き込んで名古屋の離れにある某映画館にまで足を伸ばして見に行きましたよ。
 さすがはC.C.さくらな出来でした。ストーリーは丁度地上波で放送している部分に合わせているみたいでしたので地上波放送開始から見出したロースタートな僕でもきちんとついてこれましたし、(目新しさがなかったのがちょっち残念ですけれども)丁寧なお話作り。他人事ながら「夏休み末から上映し出した(8月22日ぐらい)というのに回収できるんやろか」と心配した・・・あっ。良く考えたら大丈夫か。そういえば関連グッズ、特にさくらフィギアは上映開始後1時間後にはすでに売り切れたそうだし、パンフも最終日にのこのこやって来た野郎がもちろん入手できるはずがない状況から考えるに『映画を餌に関連グッズ&その後のLD・DVD等で濃い皆さんからお金ゲット』という作戦だったのでしょう。さくら恐るべし。

1999年9月1日

お仕事とりあえず辞めちゃいました!

 なんとなくこれを告白するのがつらくて、友達や身近な人に対してもなんとなく仕事の話題が出るとはぐらかしたり適当に答えてごまかしたり、そしてこのページ自身書き出すまでに1ヶ月半以上かかってもなお今回事実だけしか書く気が起こらなかったりするのですが、うじうじ黙っているのもいいかげんこれはこれで鬱々する一方なので書いちゃいます。実は9月1日付で辞表をたたきつけて辞めちゃいました。あぁ〜とりあえず肩の荷は大きく降りたっと。
 = 最近の一枚とか =
[an error occurred while processing this directive]





トップページへ戻ります お勧めGoodsへ 過去ログへ たまり場へ くじぇ工作所の他サイトへ

このサイトについて
© Copyright Hiroshi Kuze 1996-2009 ( kuze_work@hotmail.com ).

このサイトは、サーバーに使えるネットを利用しています。
なお、ここのサーバートラブル時には http://testrion.hp.infoseek.co.jp/ にて対応します。
Analyzed by efStat Analyzed by Log_on! WEBCLICKERS.NET